Gibson Les Paul Standard (Modify)

ジミペモデルから移植されるコントロール回路ですが、ポットの長さの件で断念しました…個人的に悔しーので、スイッチ付ロングシャフトを手配し、回路をコピー再現することにしました…作業の効率化を狙い、ダンボールの自作板でトライ。。。

CTS製24mmのスイッチ付ポットですが、思ったよりデカいなぁ~…作りはシッカリしてますね…スイッチのクリックがカチッと心地よい感触です。。。

広告

Gibson Les Paul Jimmy Page Model (Modify)

写真撮り忘れてました…フロントがBB1(Burst Bucker #1)で。。。

リアが57+(’57 Classic Plus)をチョイスされております。。。

内部配線を終え、弦張り~調整~試奏チェック…うわっ!ネックが素晴らしいですねぇ~…結構細めのネックです…一般的な幅広フレットでなく、細身でストラトに近いのがいいなぁ~…そして一番の魅力はこのトラ目!暫し悦りま~す。。。

Gibson Les Paul Jimmy Page Model (Modify)

昨夜も早く寝落ちしてて、今朝4時からの早朝作業です…先ずはコントロール部の下準備から。。。

半田の外れてるとこや怪しそーなとこは、キッチリ再半田です。。。

本体へインストール…セレクタースイッチへの半田処理…配線材が細いのが気になりますが。。。

ピックアップは、ご要望により持ち込みのものとリプレース。。。

ERNIEBALL Primo Slinky #2212

ダダリオからは発売されてましたが、待望のアーニーボールからの9.5-44ゲージです…やっぱ、アタシはアーニーボール派かなぁ~…

あと、アコギ用の低価格な、Darco D520 Acoustic Bronze Lightと定番Tone Finger-easeも。。。

Sat-Omit (Real Custom made Booster) #002

2015年8月にご納品致しましたお客より、改造のご依頼をお請け致しました。。。

改造と言う程の作業ではありませんが、オペアンプのソケット化です…オペアンプ逆差し防止の為に、1番ピンに白マーカーで印を付けさせて頂きました。。。

試しに4558を乗せたらだいぶゲイン上がりました…聴感上で1.5~2倍かな?…但し、中域中心なので、意外とローとハイは出ない感じです。022の方がフラットな特性ですね。ソケットなので、お好みで色々とオペアンプをチョイスできるようになりました。。。

Gibson Les Paul Jimmy Page Model (Modify)

昨夜早く寝落ちしてて、今朝は4時半起き…って、ことで、早朝から作業再開です…で、こちらは、移植させられるレスポール(スタンダード)の方です。。。

コントロール系統を取り外します…しかし、緑のアース線がやけに太い気がするのですが???…半田の量も多め…本家ギブソンは”このラフさ加減が特徴だ”との声もあります。。。

ピックアップも取り外し、移植の準備はオーケーです。。。

コントロール系を仮止めしようとしたところ、シャフトが表に出てきません…え?何故?…ポットを良く見てみると、16mmサイズでスイッチ付の特殊タイプなのですが、何と!シャフト長さがレギュラーの長さなんです。。。

元のジミペ・モデルを見ると、キャビティ内が5mm程度深彫りされてました…いや~、先日開けた時にキャビティ内の底面が超ラフに削られてて、変だと思ってたのよねぇ~…いや~、困ったわ…ご依頼者とご相談しなければなりませんなぁ…トホホ…( ;´Д`)。。。

Gibson Les Paul Jimmy Page Model (Modify)

先週N様より、レスポール2台の電気系移設とピックアップ交換のご依頼をお請けいたしました…1週間手付かずでしたが、着手です。。。

コントロール系統は、プッシュプルのポットなので、複雑な配線となっておりますねぇ~。。。

ピックアップを取り外しましたところ。。。

何と!ピックアップは、レギュラーの490シリーズ(490Rと490T)?なのでしょうか?…てっきり、57 Classicあたりだと思ってました…いや~、びっくり!。。。