Wahのフットスイッチ交換とミレニアムトゥルーバイパス化

今週分まとめて更新・・・以前から気になっていたワウの9ピン3DTPスイッチを使ったトゥルーバイパスでは、踏み心地の違和感とワウワウさせている時のスイッチへの接触音・・・6ピンDPDTに交換し、LEDはミレニアムバイパスへの改造・・・一気に3台分やりました。。。

Wah_20140125_1Wah_20140125_2

 

左から、①Vox Wah #001、②Clyde Cow #001、③Clay Baby #001・・・やっぱり、こっちのフットスイッチが使い心地が格段に良いです・・・フットスイッチを踏みON→OFF/OFF→ON替わる時の”コン”という確実な音と足への振動、ワウワウしてフットスイッチ頭に当たっても”カチカチ”と気になる音も出ません。。。

弾き比べる機会も少ないので、この際チョットですが3台の試奏比較。

Vox Wah #001…パーツの影響か?”クワッ”と鳴いてくれます。ハイ寄りですが耳に痛くない感じ。どちらかというと、クリーン向きかな?

Clyde Cow #001…①と③の中間。優等生タイプ?守備範囲広そう。

Clay Baby #001…クリーンではギターのトーン変化程度で物足り無さを感じますが、歪との相性はイイです。粘りが出る感じ。Mシェンカー同タイプご愛用が納得できるなぁ~。

広告