Archive for Bass

Spector NS-2 Bass (Repair)

N氏より、ポット交換後の感想のメールが届きました。。。
spector_20170106_4

ボリューム、バッチリです。回した時のトルク感が最高ですね。真ん中あたりから急に音量が立ち上がる感じですが、その方があまり回さずに微妙な調整ができるので、前より使いやすくなりました!。☆5つです!!。。。

spector_20170106_5
使用感がどうだったか?気になっていましたが、ひと安心です…ネック裏のサインが貫禄モンだぁ!。。。

広告

Leave a comment »

Spector NS-2 Bass (Repair)

新年明けて、初作業となります…基盤から既存のポットの取り外し。。。
spector_20170106_1
配線材も交換しようかと考えましたが、音質変化を懸念し既存の物をそのまま流用…半田は定番ケスター”44”(Kester”44″)。。。
spector_20170106_2
うまく納まりました…ホッ。。。
spector_20170106_3
音出しチェックもOK!…回転のトルク感は重めになりました…既存のポットと比較するとデカイなぁ~。。。

Leave a comment »

Spector NS-2 Bass (Repair)

ポットが届いたので、並列化した状態での抵抗値を測定。。。
spector_20161231_1
う~ん、両手が塞がってるので、嫁♀はんにヘルプ・ミー…で、抵抗値をメモして貰った。。。
spector_20161231_2
で、グラフ化したトコ…何と!最大でピッタリ100KΩ…ポット単体の抵抗値は公称500KΩだが、実際は474KΩだった…Aカーブも実際はこんなカーブを描く訳ね…フムフム。。。
spector_20161231_3
ロング・シャフトの24mmなのだが、巧く収まってくれるかな?…こっちが心配になってきた。。。

Leave a comment »

Spector NS-2 Bass (Repair)

ロング・シャフト仕様で入手可能なのは、500KΩ-A…並列に抵抗を入れれば、計算上は100KΩに出来る…が、カーブがAカーブ→Bカーブ近似になりそー…実際の聴感上はどーか?。。。
spector_20161230_1
持ち主のN氏にはご了承頂き、コレで進めるってことで。。。

Leave a comment »

Spector NS-2 Bass (Repair)

今年も”あっ”という間に、もう年末です…以前(2013年5月)も修理させて頂きましたが、N氏よりベースのボリューム・ポット不具合(音が途切れる~出ない)の再修理のご依頼をお請け致しました…記憶を辿りながらのご開帳。。。
spector_20161229_1
お~、思い出しました…2連ポットの片側仕様…シャフトを動かすと音が出たり出なかったり…う~ん、機械的に寿命と判断…9.5mm?四角形で100kΩ-Aポット、しかもロング・シャフトの特注と思われる…ネットで探すが、案の定皆無だわ…さ~て、ど~するか?。。。
spector_20161229_2

Leave a comment »

Spector NS-2 Bass (Repair)

ボリューム・ポットは2連で片側しか接続されていない・・・と、言うことは片側は正常に使えるかな?・・・と思いつき、もう片側に半田付け(チョット強引になりましたが)し直してみたところOKでした。

Spector_20130506_1

ベース・アンプは無いので、ギター・アンプで試奏しています・・・全くデッドポイントが無い(見当たらない)素晴らしいベースですネ…♪

Spector_20130506_2

Leave a comment »

Spector NS-2 Bass (Repair)

音切れがするとういうことでお預かりした、ベース・・・超高級品です・・・勿論お値段も。。。

早速、試奏するとVolポットのガリでした・・・アンプ直結で演奏してると途中で時々音も出なくなる現象も・・・交換が必要ですが、GW休み開けじゃないと部品が手に入りません。。。

Spector_20130504_1

しかし、何故に9mmのポット(Vol[2連]/Bass/Treble/Balance[2連]の4つ全て)採用したのかな?・・・耐久性?音質?期待できないだろーに・・・ん?Balanceの2連は分かりますが、Volポットも100kの2連で、しかも2連の片側しか使っていない・・・おまけにわざわざ小さい基盤を介しての配線・・・ん~、意図的なんだろーか?・・・益々不可解。。。
普通でも16mm、折角ならAlphaの24mmにしたいトコ…プリアンプ基盤のスペースの問題があったのでしょうか?

Leave a comment »