Grand Laff #004

2011/01/21

塗装に2回失敗して凹んでましたが、何とか完成しました。3回目の塗装も成功と言うより失敗した感じがラフな感じだったのでそのまま採用ってことで妥協したのが実際の話。。。

久しぶりに1発で鳴りました!・・・TS系は完成すれば間違いない音質で、無難といえば無難・・・チョット最近は食傷気味かなぁ~

GrandLaff_004_20110121_1

For Saleに掲載しました

広告

Grand Laff #001

2011/01/19

フット・スイッチの交換ご依頼品が完了しました。

フット・スイッチは日本のM製で、他のフット・スイッチと比べると割高なんですが軽いタッチでON/OFF出来るのが特徴です。海外のブティック・メーカーも採用しているトコがありますネ。

GrandLaff_001_20110119_1GrandLaff_001_20110119_2

Grand Laff #001

2011/01/05

年明けはフットスイッチ交換依頼を受けた品でスタートです。

裏蓋には2005/11/10が記載されているので、約5年前の自作品でした。

内部基盤や配線を見ると未だラフさが目立ちます。

GrandLaff_001_20110105_1

Grand Laff #004

2010/12/07

組み込みまでほぼ完成しましたが、ケースどうしようか?と迷ってます・・・マーブル塗装に挑戦しようか?とも思ってます。。。

Grand Laff #004

2010/11/29

Fuzz “Fake”tory? に引き続き、For Sale用の第二段に取り掛かってます。

現在は廃盤となってしまったパーツ(コンデンサー)在庫が1セット分残っていました。

オリジナル度95%(自称)での製作は今回で多分最後になります。

基盤6~7割完成!

Grand Laff #003

2009/11/06

雷男さんが「チューブ・スクリーマーってあります~」の問い合わせ。
「手持ち無いけど、Grand Laffって奴でで試してみる?」と話すと、「おねがいっしまあ~す」・・・ってことで、貸し出し兼試奏決定!
その間スタジオなどで使ってもらったよーで、結局気に入ったよーでそのままご購入となりました。
自分用で作ったんですが・・・まあエエかぁ~!
ご購入ありがとうございました。 末永くご愛顧頂けましたら幸いです。

Grand Laff #003

2007/10/01

勢いでGrand Luff #1を売ってしまったのを後悔して、自分用に製作。
マーブル塗装を目指しただけれど、迷彩風になってしまったのョ!。。。

Grand Laffのオーダーが2件続いたのと、やはり自分用に1台は欲しかったので同時に製作しました。
3台分を平行で製作したので結構効率よく製作できました。
今回はパーツ類も厳選し、心臓部のオペアンプには激レアなものを特別に搭載してます。 よって音質は以前製作した#1とはまた違った感じになりました。 オペアンプの特性が顕著に現れるようで非常に荒々しい無骨な音質です。 実際の練習でも使用してますが、かなり良い音です・・・ROCKしてます。。。!(^^)! 今度はたぶん手放すことは無いと思います。 塗装はマーブル塗装を目指していたのですが、失敗してしまい迷彩風になってしまいました・・・まあコレはコレでもイイ感じですかね?

GrandLaff_003_20071001_1GrandLaff_003_20071001_2