ボビーにくびったけさんの日記より(掲載許可了承済み)

いったんはラックに以降した際にほぼ手放したのに、アンプヘッドに変わってからオーバードライブ系だけでこれだけ増えてしまっている

しかしオーバードライブってほんとおもしろいです。ひとつづつちゃんと個性があるんですよね

でも回路の元ネタはおなじだったり

メインで使うものを選べない悩み

広告

ちょっと持ち帰り検収・・・問題なしでOK・・・念のためLED用含めての保護回路を追加しておきました

アフタークレームの対応を時系列で掲載・ご報告いたします。

2010年10月25日 04時34分 お客様より受信

BAD-G-7試しました。相変わらずRCは最高です。 BBはやはり音の減衰の仕方がおかしい気がします。なにか電池切れのような感じで、音がとぎれながら減衰していく感じがします。ラウドにアンプで歪ましてブースター適になら使えそうですが、クリーンの状態では厳しいです。

2010年10月26日 17時11分 お客様へ返信

BBの減衰異常は確認いたします。 BBが正常だとしても、基本的にクリーンでの使用が普通な気がします。 アンプ歪との併用は厳しいかもしれません。

2010年10月30日 08時57分 お客様へ返信

昨夜確認しました。 小さいアンプなので減衰までは確認できませんでしたが、 異様にゲインが高いのが気になり基盤チェックしました。 以下、情けない言い訳になります。
配線自体の引き回しはOK。 前段のゲイン構成部分を念入りに抵抗コンデンサー定数チェック。 何と電源部の抵抗○10K→×1kをつけていました。 (バイアス電源4.5Vが7V以上になっていた) 抵抗のカラー表示は○茶黒黒赤茶→×茶黒黒茶茶で、
三番目の赤色と茶色を見間違えた様です・・・情けない。 もう目がダメな年かも? 今後は以前のようにテスターで実測しながら製作しないといけないと感じました。 BB-P側のゲインポット1MA→1MBに戻しました。 結果、音は全く違いTS系に近い感じとなりこれでOKだと思います。

2010年11月01日 00時37分 お客様より受信

ありがとうございました!!ばっちりでした。大音量でチェックした後アンケート提出しますね!!

2010年11月01日 12時24分 お客様へ返信

ヨカッタ~・・・ホッとしました、ありがとうございます。 アンケート本音で構いませんよ 。お待ちしております

お客様には大変なご迷惑をおかけしてしまいました。今後の対応も含めて敢えて掲載した次第ですので、ご了解の程宜しくお願い致します。

BB-Pの方のゲインが効き過ぎるので、ポットをBからAカーブへ変更しました。

値は変更無しでカーブのみ変えただけなのですが、ポットの回転に合わせてスムーズに歪むようになりました・・・こんなに違うんですねぇ~

やっとこの日が来ました・・・ご納品日!(8月末ギリギリ)・・・ピー○コーニッ○ュさんをも凌ぐ超長納期。。。m(__)m

オーダー様には長期の間、待って頂くことになってしまい、誠に申し訳ない限りでした。

ブースター(RC-B)とプリアンプ(BB-P)の2in1で、ご要望により前段と後段をSWで切り替えられる仕様です・・・かな~り、ややこしーことになってしまいました。

ブースターはゲイン最大でも殆ど歪みませんが、艶と言うか張が出る感じで私自身気に入りました。

プリアンプは結構歪みます。歪がTS系とは全く違うのが特徴かな?アンプで例えるとチョット古いですがソルダーノっぽい気がしました。かなりのゲインなので大音量での演奏時にノイズが懸念されるかなぁ~。。。

何れもトーン(トレブル/ベース)が±15dBで幅が広いのが特徴で、可変周波数値(Q)が今のシーンを捉えた設定になってるのかな?って感じました。

大変苦労させられましたが、回路図や部品選定諸々で自分自身としては非常に勉強になった製品でした・・・設計・製作以前の思想の素晴らしさ!

今回で2in1は2台目ですが、納期もですが複雑さなども含めこの辺が自分の製作能力限界かな?と感じさせられましたので、次回からのご依頼時には検討させて頂くこととします。(ご迷惑になるといけませんから・・・)

永らくお待たせ致しましたが、末永くご愛用いただければ幸いです。

命名「Bad-G-7」…勝手に命名スイマセン

BadG7_001_20100831_1BadG7_001_20100831_2

今度こそ・・・・や・や・やっと。。。でした

前祝中・・・(●^o^●)

意地で頑張ってます

基盤完成度50%・・・夜中3時完了・・・寝ます・・・(-_-)zzz