結局EMG断念…やっぱ、アクティブとは相性が合わないのかなぁ~…またまた気まぐれで、Wizz(1970’s Strat)に変更…センターはRW/RPなので、センターのみFender(純正)です…う~ん、アタシはやっぱパッシブ派です。。。

広告

暫し試奏…ノイズは激減しますね…音も悪くは無いのですが、やはり好みではないなぁ~…結局はアタシ自身がアンチ・アクティブ派ってことなのかなぁ~。。。

ダメョ、ダメョと思いつつ、某オークションにて、ポチッってしまったぁ~。。。

アクティブ・ピックアップの代名詞…EMG SA Set (White)…ジャンク扱いなので、最悪鳴らないというリスク有り。。。

粘着物?スポンジ?…除光液で綺麗に拭き取る。。。

ストラトへ一時的に組み込む…無事に鳴ったので、一安心…当たり前ですが、まんまEMGの音…ハイがキツメなので、ピックアップの高さ調整は、時間掛かっちゃいました。。。

KORG DT-10 (mod.)

2016/11/21

昨年5月から仕掛かり状態のチューナーです…トゥルー・バイパス化のテスト中で頓挫してました…重い腰を挙げて数日前から再トライ中。。。
korg_dt-10_20161121_1
配線方法は超強引なのですが、とりあえず動作確認OKの様です…結果オーライでやってみます。。。

オペアンプの選別も終えて、いざ筐体への再組み込み。。。
TheFloodAnalogDelay_JetCityAmplification_20160625_1
ガ~ン、ICソケット嵩上げ分が筐体と接触…泣…結局、ICソケットをまた外して、IC直付け…半田鏝の熱でIC逝くか?とヒヤヒヤもんでしたが、音出しOKでホッとしました。。。
TheFloodAnalogDelay_JetCityAmplification_20160625_2

チョット時間が出来たので、色々とオペアンプを乗せ換えて試奏…BA4558(Rohm)、KA455(Fairchild)、NJM4558DD(JRC)、RC4558P(Texas Instruments)、他。。。
TheFloodAnalogDelay_JetCityAmplification_20160523_1
音質そのものの劇的な変化は、余りありませんでしたが、意外にもディレイ音への影響はありました…一番素直ににディレイ音聞こえたのが、BA4558(Rohm)でした。。。

アナログ・ディレイってことで騙されちゃったデジタル・ディレイ…音質変化/改善を狙って、オペアンプをソケット化してみます。。。
TheFloodAnalogDelay_JetCityAmplification_20160121_1
両面スルーホールなので、直付けのオペアンプを外すのが大変…なかなか、半田が溶けてくれません。。。
TheFloodAnalogDelay_JetCityAmplification_20160121_2
色々とオペアンプを試してみることにしましょー。。。