Archive for the ‘Maintenance’ Category

Studio Drive Reverb SDR-15CE (Fender Japan) [Maintenance]

インプットジャックが接触不良ぽいので、交換…先日のFAT3で1個余分に購入してたジャックが流用できると思いきや、高さが5~6mm違いました…やむなく、配線材を介しての交換…実はこっちの方が、ジャックと基盤の半田部に、ジャック抜き差しの際、直接負荷が掛からないのでベター。。。

ドライブモードのクリッピング部(デフォルトはシリコンダイオード)を一旦取り外し、ソケット化…クリッピング素子をLED・シリコンダイオード・ゲルマダイオードや対称・非対称などと色々試せます。。。

広告

Studio Drive Reverb SDR-15CE (Fender Japan) [Maintenance]

随分前にお預かりしてた自宅用アンプ…確か内臓リバーブユニットを取出し、エフェクターに出来ないか?ってことでご依頼頂いたのですが、断念した経緯…そのまま収納庫にお蔵入りになってました…折角なので本来のアンプとして使えるようにオーバーホール。。。
トランジスタアンプ仕様ながらクリーンはなかなかフェンダー臭さを感じ、いい音です…が、ドライブ側に切り替えるとイマイチ。。。

なるべくお金をかけずに最小限でをモットーに、先ずは手っ取り早く、初段のオペアンプをソケット化にして、手持ちのオペアンプで音質変化度を試してみます。。。

比較はデフォルトでついている、NJM4558DD(JRC)を基準ってことで。。。
・LM833N(ON Semi) … 低域が増す、ドライブ側の歪感は良い、クリーン側はブーミー気味
・BA4558(Rohm) … 音に切れが出る、解像度が増す、高域に気品有り
・NJM4558DD[艶有](JRC) … デフォルトと同じくクリーン側はフェンダーらしさを感じる、ドライブ側はやはり癖有り
・TL022CP(Texas Instruments) … マーシャルのローインプットに入力した感じ、ピッキングアタックの質感が良い
・TL082CP(Texas Instruments) … 音圧感有り、ドライブ側の歪みが細くならない、クランチサウンドいい感じ
・KA4558(Fairchild) … ん?、確か手持ちがあった筈なのに見当たらず、試奏出来ず仕舞い
オペアンプで結構変わるもんです…クリーンが良くてもドライブがイマイチ、逆にクリーンはイマイチでもドライブは良かったりします…悩み所。。。

Fender Japan ST57-140YM [Maintenance]

音出しチェック…問題無しでOK…気になる出音ですが、基本は純なフェンダーのシングル・コイルです…4弦~5弦がゴリッ/ガリッって感じで強めに出ます…この辺がレイ・ボーン風?テキサス・サウンド的風?なのかな…逆に6弦は控えめ…1弦~2弦は若干コンプ感有り?。。。個人的には、テレキャスター系のピックアップに近いんじゃないかと思いましたケド…あと、ノイズが少ないのにはビックリ…普通のシングルなのに…何故なのか?。。。
元がインギー仕様のネックでメイプル&スキャロップ&ブラス・ナットにディマジオのHS-3ピックアップ搭載なので、テキサス・スペシャルへの交換で、サウンド自体は激変しちゃいましたね。。。

ピックアップ交換代+生ビール500ml×2本を頂いちゃいました…ありがとー、ございました!

Fender Japan ST57-140YM [Maintenance]

ピックアップ交換のご依頼をお請け致しました…元々は、フロントとリアがディマジオのHS-3です。。。

フェンダーのテキサス・スペシャルに交換…フロントとセンターとリアのセット品で、センターはリバースワイヤリング(正しくは、RWRP:Reverse Wind, Reverse Polarityらしい)仕様。。。

Fender Japan Telecaster [Maintenance]

試奏しながら細かい調整も終わり、任務完了…そーいえばテレキャスは初めてだったかも???…テレキャス特有のピッキングアタックがゴリッと出て、エエなぁ~…アタシもテレキャスも1本欲しくなったなぁ~。。。

Fender Japan Telecaster [Maintenance]

試奏中に音が途切れる?ので、アウトプットのジャック部を診てみる…ありゃ?アースの半断線状態でした…再半田でOK。。。

Fender Japan Telecaster [Maintenance]

ハードウエア交換のメンテナンスをお請け致しました…何ともカラフルなペイント!。。。

今回は、お客様お持込の、コントロールパネルと内部の3-Wayスイッチ及びブリッジの交換作業代行となります。。。

コントロールパネルを装換…あれ?錆びてる?と思ったら、ビンテージ加工されてました…3-Wayスイッチはボックスタイプからヴィンテージタイプへの変更です。。。

ブリッジもGotoh製に交換…3Wayサドルの盲点=オクターブチューニングをより正確に合わせられるように溝切り加工が施してあるそーです…なるほどねぇ~…真鍮製なので、音質そのものも変わるのかなぁ~。。。

ついでに、ネックも一度外してポケット部の清掃とネックの接触面が平坦か?調整…ネックはフレット磨きもやっておきましょう。。。

ピックアップの高さ調整…なるほど、弦を張った後でもピックガードが簡単に外せるので、実際に試奏しながら、フロント側のピックアップ高さ調整が可能です…フロントが決まれば、フロントに合わせてリア側のピックアップの高さ調整に移ります…シングルコイルの低域(5~6弦)側の出力が大きいですよねぇ~、特にテレキャスでは顕著に感じます、なのでギリギリまで高さを下げちゃいます。。。

ハードウエアの換装と調整の後は、オクターブ調整…弦高との兼ね合いがあるので、チマチマとした地味ぃ~な作業でおます。。。