オーダー頂きました。
クリーンブースターのFat-Boostです。
デザインも前回ご購入のBoosterと一貫性をもたせてみました。。。

いつもお世話になっているM様からのオーダー品です。
基本的には以前作ったFat-Boost #1と同じ仕様ですが、パーツ類は吟味し変更しています。
抵抗はXiconカーボン、コンデンサーはXiconセラミック、WIMAフィルム・高音質ERNA電解、また内部配線材はご指定によりBelden単線仕様です。
デザインもホワイト塗装にBananaマークと、前回お買い上げの「Banana Booster」と関連性を持たせるようにしてみました。今回の作品は命名「Banana Booster Ⅱ」です。
音の方もクリーンで素直にブーストされます。Toneがコントロールできるので便利だと思います。
末永くご愛用いただければ幸いです。

BananaBoosterII_20080217_1BananaBoosterII_20080217_2

広告

Fit Boost #001

2006/11/01

某海外メーカーFu*lt*ne製で人気の高いBoosterのコピー
コレ実は以前作ったAmzBoosterにGainとToneが追加されたもの
今回もチョット塗装に工夫を。。。

巷で自作の人気も高い好評のブースターで、某海外 Fu*lt*ne 製の Fat-Boostに挑む。
モノホンの内部写真を参考にパーツをチョイス!・・・コンデンサーがチョット大きかったが、何とかケースには収まった。 パーツ点数も少ないので、基盤の製作は楽勝なり。
その分時間をケースの塗装に掛けようと思い立ち、ストーン・フィニッシュ風に仕上げる。 ストーン・フィニッシュ風の塗装スプレーもホームセンターに売っているけど2千円近くもするので買えない・・・(T_T)・・・で、いつもの百均ショップでラメ入りのマニキュアでソレ風にならないかと思い購入。 ケースをサンド・ペーパーで磨き先ずはプライマーを吹きつけ下地処理→マニキュア塗装に入る・・・丁度マニキュア1本で3回の重ね塗りができた・・・マニキュアの小さいハケで塗ったので凸凹が出来てしまったのだけど、逆にストーン風のいい感じに仕上がった→シール貼り→最後に保護用のクリア塗装で・・・はい出来上がり!。。。マニキュア・・・意外と使えるかもネ!
基盤とパーツを組み込み配線もスンナリと終わり完成!・・・楽しみの音だし・・・が、全くならない・・・配線をチェックしたりパーツの向きを確認するが間違いが見つからない・・・(~o~)・・・こういうときはスンナリと諦めて寝ることにして、頭を冷やして明日もう一度チェックしてみるのが無難。。。
で、その翌日・・・間違い発見!。。。基盤の配線が1ヶ所抜けてたぁ~・・・こりゃ鳴るわけありません。配線部分を半田付けし・・・はい!すんなり鳴りましたぁ~!(^^)!。。。簡単な回路ほど、こういうポカミスやってしまうのよねぇ~
噂ではストラト系のシングルPUとの相性が良いらしいとのこと・・・うん、ナカナカいい感じのブースターというよりはプリアンプに近いかんじかな? 癖なく自然に音量が上がる感じで音ヤセもしないし、GainとToneが付いているので自由度が広がって使いやすい!・・・実際にスタジオでの大音量でどうなるか。。。

FitBoost_001_20061101_1FitBoost_001_20061101_2