Fender Japan Telecaster [Maintenance]

ハードウエア交換のメンテナンスをお請け致しました…何ともカラフルなペイント!。。。

今回は、お客様お持込の、コントロールパネルと内部の3-Wayスイッチ及びブリッジの交換作業代行となります。。。

コントロールパネルを装換…あれ?錆びてる?と思ったら、ビンテージ加工されてました…3-Wayスイッチはボックスタイプからヴィンテージタイプへの変更です。。。

ブリッジもGotoh製に交換…3Wayサドルの盲点=オクターブチューニングをより正確に合わせられるように溝切り加工が施してあるそーです…なるほどねぇ~…真鍮製なので、音質そのものも変わるのかなぁ~。。。

ついでに、ネックも一度外してポケット部の清掃とネックの接触面が平坦か?調整…ネックはフレット磨きもやっておきましょう。。。

ピックアップの高さ調整…なるほど、弦を張った後でもピックガードが簡単に外せるので、実際に試奏しながら、フロント側のピックアップ高さ調整が可能です…フロントが決まれば、フロントに合わせてリア側のピックアップの高さ調整に移ります…シングルコイルの低域(5~6弦)側の出力が大きいですよねぇ~、特にテレキャスでは顕著に感じます、なのでギリギリまで高さを下げちゃいます。。。

ハードウエアの換装と調整の後は、オクターブ調整…弦高との兼ね合いがあるので、チマチマとした地味ぃ~な作業でおます。。。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。