Kathmandu #001

一旦完成したのですが、試奏兼ねたスタジオでの音出し確認で、音質(低域寄り)と操作性で改善の必要性を感じましたので、一部の抵抗定数変更・コンデンサーの種類変更・ボリュームとゲインのポットをAカーブ変更しました。。。

Kathmandu_001_20140117_1

音質も改善され、操作性も良くエエ感じになったと思います・・・改めて回路を見てみると、TS系の歪回路&Rat系のトーン回路なのかなぁ~???・・・確かに出音とトーンの操作はそんな風に感じるよーな気が。。。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中