Twin Screamer #001 (Maintenance)

製作当時の情報を確認・・・一応スプレッドシートに部品単価からメーカーレベルまでとお客様からの情報を纏めてあります・・・実機内部でも再確認・・・う~ん、随分ハイファイなパーツ類と配線材の選定をしてます・・・K*el*yモデファイ風かな?。。。

一部の部品はソケット挿入でしたので、先ずは直半田に直しておきます・・・音出しチェック・・・ハイっ!、音が抜けます→結果かなりトーンが効く傾向にあります。。。

この当時はハイファイ志向のパーツ厳選=良い製品の感覚で製作してましたので、ユーザー様の演奏されるジャンル・形態・機材までは、気が回らなかったよーで今となっては反省致します。

今回は肝となるパーツ類を汎用部品に交換し、ローファイ化=トーンの抜け過ぎを押える方向で調整させて頂きたいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中