Purple Fuzz #001

内部スペースの狭さでかなり面倒でしたが、基盤配線完了→音出し確認→TB部鳴らず→単なる配線間違い→修正→で、一応OK。

TB側はシャリシャリ気味なので、コンデンサの変更、ZM側はかなりクリーミーですが歪み過ぎ?ですのでトランジスタの選定と組み合わせという課題が残ります。

意外だったのですが、予想していたノイズは少ない気がします。

この筐体の大きさに2in1はほぼ限界のよーです・・・もう今後は挑戦しないと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中