Gibson SG Standard ’61 Reissue [Repair]

このSGも着手からだいぶ経過したので、そろそろ完成版にしなくては…トーン回路無しの暫定回路だったので、入手したコンデンサーを組み込み…配線はもちろん50年代ギブソン式。。。

EKB Booster ? Pre Amp ?

M氏より頂いたEKB製と思われるブースター?プリアンプ?…ググッても中々情報が出てこないが、EP Boosterのクローン+αらしげ…膨大な量のグルーでモールド…こうなると見てみたい気持ちに駆られる…こんな時は”酒の勢いで”やるべし。。。

しつこいグルーと戦うこと小一時間…基盤露出…昇圧回路基盤とメイン基盤と思われる。。。

パーツ類も汎用のものでごく一般的なチョイス…しかし、ポイント・ツー・ポイントの半田はわざと盛ってるだろーか?…そうじゃなかったら、チョット酷いレベルだなぁ~。。。

Martin D-28 (Maintenance)

ケースから出すのも何年ぶりだっけ?…超超久しブリの弦交換…やっぱりマーチンにはマーチン弦。。。

前から気にはなっていたが、ピックガードの浮きが酷くなった感じ。。。

巷では、70年代製のピックガードが伸縮してしまう”マーチンクラック”と言うらしい…自力でリベアしよーかな?。。。

Fender Stratocaster 1979 (Modify)

最近は、寝落ちして早起きの老人体質になっちゃって…(´;ω;`)ウゥゥ…で、早朝~出社までの間が暇なんで、チョッくらプチ作業…此方のストラトのリアピックアップにも、ベースプレートを取り付け。。。

こっちもバッチリ~。。。

残り3枚あります…ご用命があれば、お問い合わせください…で、小さな音でしか確認してないのですが、音量が上がるのではなく、テレキャスのリアに近い感じ…食いつき感度が上がるって表現したら、分かり易いのかなぁ~。。。

ついでの弦交換…新発売のアーニーボールの9.5-44…何故か?ダダリオに比べてテンションが強かったのは意外…う~ん、やっぱアタシにぁ~、アーニーボールが合うなー。。。

Fender Japan Telecaster [Repair]

Y様より頂きもののErixer(3セット)…ストラト、335、テレキャスと張り替えてみました…ゲージは0.10-0.46なんですが、コーティングのせいなのか?テンション強めに感じます…初めてのエリクサー体験でして…1~3のプレーン弦は高域がマイルドで、6~3の巻弦は、巻弦らしさが強調された様に感じ、予想とは大違い…超ロングライフ(3倍~5倍の寿命)⇔値段高めですが、長い目でみるとお得なのかなぁ~。。。

スタジオ個人練習

スタジオ入りって、何年ブリだっけ?…訳あって、今日は市内で早朝から半日程度嫁♀はんとチビ♀の送り迎えの手待ちの為、無理云って某BスタジオのM様に早朝8:00入りでの個人練習をお願いしたって経緯でして。。。

同行のブツはストラト1969とSG、そして市販と自作のエフェクタをダンボールに詰め込んできた…アンプはツインリバーブ(銀パネ)を借用…リバーブ欲しさに右チャンネル(ビブラート)が常套なんですが、明らかに音は左チャンネル(ノーマル)が、エエ気がするのですが…いずれのチャンネルもトーンの効きはマーシャルとは違い抜群に良い…しかしツインって歪ませんなぁ~…頑固親父みたい。。。

エフェターはとっかえひっかえ…揺れ系はいいのですが、歪み系は総じてツインとは相性悪いきがする…エフェクターもメンテしないとアカン…ジャックやノブのガリ発生する奴おるし…早朝8時入りで8時半から11時半まで3時間余り頑張ったケド…左手皮が剥けそーになったわぁ~。。。

Fender Stratocaster Custom Shop (Maintenance)

まる一日経過したので組み込みへ、はみ出したパテの削り取り…蛇足だが、ネックデートは、”5-11-90″とある…来年で三十歳なんだなぁ~。。。

いやぁ~、締め付けがタイトになりました…これで一安心かな?。。。

前へ 過去の投稿